京都ポルタのKYKで厚切りとんかつに食らいつく!

tonkatsu
一仕事終えた満足感で、少し贅沢がしたいと京都駅まで出かけたところ、お目当ての店が満員御礼、売り切れ状態で入れなかったので、ポルタ地下街のとんかつKYKでがっつりとんかつを食べてきました。

ゴールデンウィークで人が多いだろうと予想はしていたものの、予想を大幅に超える人の数に若干うんざり・・・旅行客と休みを楽しむ家族連れ、若者たちでどこもかしこも列ができている状態。

KYKにも長蛇の列ができており、入るまでに30分以上待ちました。KYKでここまで待つなんて初めてのこと。休みの日には京都駅へ来るものじゃないなと思いました。

potato (2)
今夜もいつもの通り生中でスタート。もちろんつまみはポテトです。

生中が半額サービスだったので少しゴキゲンに。

さすがはとんかつ屋さんと言うべきなのか、揚げ物が美味しいです。出来合いのポテトでも、揚げ方ひとつで変わるものだなと思いながらポテトを食べ、ビールを飲みほします。

待ち時間が長く、お腹がペコペコなのでとんかつが待ち遠しいです。

salad
とんかつが出てくる前に、ソースと小鉢、漬物が出てきました。

小鉢はごぼうサラダです。とんかつまで焦らされている感じがたまりません。ごぼうサラダもどうせならもっとたっぷり食べたい。一口です。

tonkatsu2
ようやく注文した厚切りロースとんかつが運ばれてきました。通常のロースとんかつは140gですが、厚切りは200g。ガッツリです。

この厚切り具合にまずは目が満足。ソースにつけて食べるとロースの脂のジューシーな甘みが口の中に広がります。

柔らかいひれカツもたまりませんが、ガッツリ行くならやっぱりロース。カロリーの高いものはどうしてこんなに美味しいんでしょうか。豚の脂の甘みは、悪魔的にも感じるほど・・・

肉もプリプリ、真ん中がほんのりとピンクがかった、絶妙の揚げ具合です。

普段なら、とんかつには白ごはんをかきこみたい派ですが、せっかくならこの時期、たけのこを食べておきたいと感じたので春らしさを味わうために、白ごはんをたけのこご飯にアップグレード。

たけのこご飯はあっさりしていて、とんかつともバッチリ合います。そのまま食べてもたけのこの風味と甘みが感じられてとても美味しいです。

口の中の脂っぽさをスッキリさせるにはキャベツ。青じそドレッシングでさっぱりしているのでモリモリ食べられます。キャベツはおかわり自由なので野菜もたっぷり食べられるのが嬉しいですよね。やっぱり、とんかつにはキャベツです。

tonjiru
味噌汁も通常のものから大とん汁に変えてみました。

「大とん汁、これくらいありますが大丈夫ですか?」と店員さんに聞かれましたが、何せこちらは腹ペコです。それぐらいどうと言うことはありません。

運ばれてきたとん汁はアツアツ、こちらにもしっかり豚の脂が浮いています。にんじんなどの野菜もたっぷり入っていて食べ応え十分。

キャベツとごはんをおかわりし、あっという間に間食。

空腹感が満たされると、何とも言えない至福を感じます。

今回は腹ペコだっただけに、至福感も倍増。しばらくぼんやりと、とんかつの余韻を味わってしまいました。

ポルタはいつも人が多い印象ですが、こんなに混雑していたのは初めてのような気がします。ラーメンやお好み焼き、パスタなど軽めの食事ができるお店が多い印象。カフェやファストフード店もたくさんあります。

今度はもっと人が少ないときに、ゆったり食べに来たいものです。

このページの先頭へ