おばんざいと創作和食で酒を飲む!「まんざら亭NISHIKI」

terrace
今日は阪急烏丸駅(地下鉄四条駅)から烏丸通を北に上がり、錦小路通を西に入ったところにある、京都の創作和食居酒屋「まんざら亭NISHIKI」に行ってきました。

まんざら亭は昔から京都ではおなじみの居酒屋。京都の「おばんざい」を中心に、おいしい和食を気軽につまんで飲めるお店です。

terrace2
入口は間口の狭い築100年の町屋ながらも、中は広々とした空間が広がっているのはいかにも「うなぎの寝床」といった風情。カウンターやテラス席など場所によって趣の違う席が多く、何度行ってもお店の雰囲気を楽しめそうです。

今日はメニューを見ながら、目に留まったものをいくつか注文してみました。

salad
最初に運ばれてきた「京水菜とお豆富のパリパリサラダ」と「豚の角煮」。この2品はまんざら亭NISHIKIの定番メニューだそうです。

つるんとしたお豆腐とパリパリ、シャキシャキの水菜が和風のごまドレッシングとよく合います。トマトの酸味も味に変化がついておいしいです。

豚の角煮は赤身メインで、しっかりと噛み応えのある食感。それでも繊維はホロホロと柔らかいのですぐに噛み切れます。ほんのりとした甘みと、しょうゆの旨みが口の中に広がり、いつまでも余韻を味わっていたくなる味です。

まんざら亭には京都市役所近くの本店のほか、祇園や烏丸仏光寺、三条高倉、先斗町、団栗などのチェーン店が数多くあります。

お店によって雰囲気や店構えはもちろんのこと、出されるメニューも違うので、いろんなお店を回る楽しみもあります。

aburi
次に出てきたのが「牛フィレ肉のあぶり焼き」。わさびと大根おろし、ポン酢でさっぱりといただきます。

柔らかいフィレ肉が口の中でとろけ、炭焼きの香ばしい香りが広がります。ポン酢と薬味でさっぱりしているので、何枚でも食べられてしまいます。

添えてあるピーマンとしいたけもジューシーでお箸が止まりません。

samugetan

この日は少し肌寒かったので、温かいスープが飲みたくなり「本場韓国サムゲタンスープ」を注文。鶏のダシがきいたやさしい味のスープです。よく煮込まれているので、鶏肉はトロトロに柔らかくなっています。

一緒に添えられた韓国のりのキムチを箸休めに、かき玉ののど越しを楽しみました。

kinpirachahan

この日の〆は「牛肉きんぴら和風チャーハン」。

ごぼうとレンコンのきんぴらの甘辛さと牛肉、パラパラのごはんが絶妙にマッチしています。

〆だというのにモリモリ食べてしまい、この後結局おかずを追加でオーダーしてしまいました(写真は撮り忘れました・・・)。

お酒の進む、でも京都らしさは忘れない絶妙な味付けは、どれを食べても大満足。

日本酒やお刺身も充実しており、お酒が大好きな方にも楽しめるお店です。

今回はすんなり入れましたが、帰る頃には入店待ちのお客さんがちらほら。
できれば予約をしてから行くのがお勧めです。

このページの先頭へ