毎日食べても飽きない安定の中華料理「志成園」@丹波口

s-gyoza
今日はJR嵯峨野山陰線丹波口駅から歩いてすぐの中華料理店「志成園」で中華料理を食べてきました。

今日は何を食べようか・・・と迷ったとき、真っ先に頭の中に浮かぶのがこの「志成園」。中華料理が好きなのであちらこちらの店に顔を出すのですが、こちらの店は何回食べても飽きの来ない味が最大の特徴。

翌日胃もたれに苦しんだり、コッテリとした味付けに胸焼けしたり、単調な味付けに途中で飽きたりしがちな中華料理ですが、志成園の料理はなぜか、どれを何回食べても飽きないのです。

もともとは知り合いに「餃子の美味い店」として紹介してもらった志成園。薄い皮の中に、にんにくのきいた肉がたっぷり詰まっており食べ応え抜群。写真は2人前ですが、2人前では足りないくらいもっともっとと食べたくなってしまう味です。

京都リサーチパークや中央卸売市場の近くにお店があるので、平日のランチ時間は混みあいます。また、土日の夜は地元の人たちで満員なので、その時間帯を外していくのがお勧めです。

s-tensinhan
最初に出てきたのは「かに玉」。かにの身が上に乗っています。大きいので全部卵かと思いきや、中身は千切りキャベツ。甘酸っぱいあんかけとふんわり卵、キャベツのシャキシャキがベストマッチです。

天津飯でも良いのですが、志成園ではごはんとおかずと別々に食べたいので、いつもかに玉を注文してしまいます。

s-karaage
次に出てきたのはアツアツのから揚げ。志成園に来たらから揚げだけは絶対に食べてほしいと思うくらい絶品のから揚げです。

いつもアツアツで出てくるのはもちろん、衣はカリっと、お肉はジューシー。レモンを絞って塩コショウを付けて食べれば絶品です。

写真では結構なボリュームに見えますが、実際に食べてみるとペロリといけてしまいます。お昼のランチのから揚げ定食でもこの量が出てくるので、かなりお得ですよね。

s-piman
そしていつの間にか毎回注文してしまっている「ピーマンの肉炒め」。青椒肉絲の豚肉版のようなメニューなのですが、この味付けがまた絶品。

ピーマンとタケノコがシャキシャキ、玉ねぎの甘みと豚肉の旨みが口の中に広がります。一口食べるとごはんがお茶碗一杯食べられてしまうくらい、ご飯のお供にピッタリです。

今回は暑いので食べませんでしたが、あんかけ風のチャンポンも最高です。細麺で炒めた野菜がたっぷり。寒いときにはスープを飲むと体がポカポカになる逸品です。

志成園は味が良いのももちろんですが、驚くのはそのコスパの良さ。2人でお腹いっぱい食べて飲んでも3000円程度で納まってしまうので、美味しいものをお腹いっぱい食べたい人にピッタリのお店です。

一度行ったら、その日以来しっかりと顔を覚えてくれていて毎回声をかけてくれる元気なおかみさんと、厨房の中でテキパキと料理を作るおやじさんと料理人の皆さんの活気でお店の雰囲気も抜群。

なぜか何度も通いたくなってしまう、不思議な魅力のある中華料理店。

それがこの、志成園です。

このページの先頭へ